<総説,著書,特許等>


31. Recent Progress on Cyclic Nitrenoid Precursors in Transition-metal-catalyzed Nitrene-transfer Reactions
Takuya Shimbayashi, Kohei Sasakura, Akira Eguchi, Kazuhiro Okamoto, and Kouichi Ohe
Chem. Eur. J., 25, 3156-3180 (2019).

30.
小宮三四郎,穐田宗隆,岩澤伸治監訳ハートウィグ有機遷移金属化学上•下,大江浩一(分担翻訳).

29. Cyanogen Bromide, 2nd Update
Kouichi Ohe
The Electronic Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, Wiley.

28.
高い選択性制御を可能にするケイ素置換の効果—複雑な分子の一挙構築を目指して
大江浩一,岡本和紘

「化学」,第70巻,68-69 (2015).

27. メタセシス重合を用いる医用応用を指向した機能性高分子材料

三木康嗣,井上達広,大江浩一
有機合成化学協会誌, 71, 601-615 (2013).

26.
カルベン活性種を経由する環化異性化反応他2編、大江浩一
使える!有機合成反応実践ガイド,丸岡啓二、野崎京子、石井康敬、大寺純蔵、富岡 清 編,化学同人
pp 82-83, 84-85, 382-383, 2010.

25.
アルキンからのカルベン錯体発生法と触媒反応
Kouichi Ohe
Organometallic News, 12-17 (2010).

24. Development of Catalytic Carbene Transfer Reactions Using Alkynes as a Source of Carbenes
Kouichi Ohe and Koji Miki
J. Synth. Org. Chem. Jpn., 67, 1161-1171 (2009).

23. Transition Metal-catalyzed and -Promoted Reactions via Carbene and Vinylidene Complexes Generated from Alkynes
Kouichi Ohe
Bull. Korean Chem. Soc., 28, 2153-2161 (2007)

22. Highly Atom-Economical Approach to Carbene and Nitrene Complexes and Its Catalytic Application
Kouichi Ohe
「長瀬科学技術振興財団研究報告集」,第16巻,17-26 (2005).

21. Transition Metal-catalyzed Reactions Using Alkynes as Precursors of Carbene and Vinylidene Complexes
Koji Miki, Kouichi Ohe, Sakae Uemura
Chem. Lett., 34, 1068-1073 (2005).

20.
ビニリデン錯体を利用する有機合成反応,現代化学増刊43 最新有機合成化学,東京化学同人, 2005
大江浩一(分担執筆), pp 67-84.

19.
アルキンより発生するカルベン・ビニリデン・アレニリデン金属錯体を鍵中間体とする触媒反応
大江浩一,三木康嗣,植村 榮
有機合成化学協会誌, 62, 978-992 (2004).

18.
アルコールの酸化、有機合成のための触媒反応103,東京化学同人,2004
大江浩一(分担執筆), pp 20-21.

17.
実験化学講座,基礎編 4, 丸善,2003
大江浩一(分担執筆), pp 39-40, 48-5153-5583-8989-9393-9595-103
103-108.

16. New Methodologies via Vinylidene and Carbene Complexes
大江浩一
My Favorite Organic Synthesis
,有機合成化学協会,154-155 (2002).

15.
キラルロジウム触媒によるジアゾアルカンの分子間C-H結合挿入反応
大江浩一
Organometallic News, 102 (2001).

14.
有機反応と有機金属化学:ある奮闘記
大江浩一
有機合成化学協会誌, 59, 442-443 (2001).

13.
糖質を不斉源とした水溶性光学活性配位子の合成と水溶媒中での触媒的不斉反応 への応用
大江浩一,米原宏司,植村 榮
有機合成化学協会誌, 59, 185192 (2001).

12.
均一系触媒が拓く脂肪族飽和炭化水素の選択的官能基化
大江浩一
「化学」,第55巻,58-59 (2000).

11.
多機能性糖質配位子の設計と触媒的不斉合成反応への応用
大江浩一
「旭硝子工業技術奨励会研究報告」,Vol. 6038-39 (1997).

10.
スクリプス研究所の成立基盤
大江浩一
MEDCHEM NEWS, 7, 711 (1997).

9.
水溶性フタロシアニン鉄錯体触媒-H2O2 による芳香族ポリハロゲン化物の酸化的分解
大江浩一
「化学」,第50巻,758 (1995).

8.
米国スクリプス研究所に留学して
大江浩一
「生産と技術」,第46巻,2123 (1994).

7.
配位により安定化されたエキゾチック分子ヘテロトリメチレンメタン金属錯体の合成から新触媒反応まで
大江浩一
「化学と工業」,第47巻,136139 (1994).

6. β-
ラクタムエノレートの直接合成経路の開発
村井真二,大江浩一
「長瀬科学技術振興財団研究報告集」,第5巻,83-89 (1993).

5. Strategy for the Use of Acyllithium in Synthesis: Intramolecular Conversion
Shinji Murai, Akihiro Orita, Kouichi Ohe, and Ilhyong Ryu
Modern Methodology in Organic Synthesis, Kodansha, 63-78 (1992).

4. PhSeCH2Li: A Useful Homologation Reagent
Sakae Uemura and Kouichi Ohe
J. Synth. Org. Chem., Jpn., 48, 974-975 (1990).

3.
精密有機合成に使われる有機金属化合物
大江浩一,村井眞二
「化学と教育」,第37巻,366-369 (1989).

2.
塩化パラジウム(II) 触媒による有機テルリドのカルボニル化とその関連反応
大江浩一,高橋秀剛,植村 榮,杉田信之
「旭硝子工業技術奨励会研究報告」,Vol. 50101-108 (1987).

1. Carbonylation of Organometallic Compounds with Carbon Monoxide via Transmetallation
Sakae Uemura, Kouichi Ohe, and Nobuyuki Sugita
Bull. Inst. Chem. Res., Kyoto Univ., 63, 156-172 (1985).


特許
3. 近赤外色素結合ヒアルロン酸誘導体およびそれを有する光イメージング用造影剤
三木康嗣,井上達広,小林靖人,中野克哉,大江浩一,山内文生,矢野哲哉,南 昌人
特開2014-185337.

2.
近赤外色素結合ヒアルロン酸誘導体およびそれを有する光イメージング用造影剤
三木康嗣,井上達広,小林靖人,中野克哉,大江浩一,山内文生,矢野哲哉,南 昌人
特願2013-33633.

1.
フラン環含有高分子化合物,その製造方法及びその用途
大江浩一,三木康嗣,和志武洋祐,植村 榮
03P269KU
,特願,2003-310440.