藤原研の業績

研究業績

論文

2023年

  1. Borylative Difunctionalization of Unsaturated Hydrocarbons Using Borylcopper Species

    T. Fujihara

    Synlett, in press (2023). DOI:

  2. Paddle-Wheel Dirhodium Complexes Bearing Bulky Carboxylate Ligands: Synthesis and Catalysis in Carbene Insertion Reactions

    K. Yamashita, K. Sato, Y. Tanji, J.-y. Hasegawa, T. Fujihara

    Chem. Asian J.,in press (2023). DOI:10.1002/asia.202300223

2022年

  1. Carboxylation with Carbon Dioxide as a C1 Source via Carbon-Carbon Bond Forming Reactions

    T. Fujihara

    Green Chemistry Series, Chemical Valorisation of Carbon Dioxide, G. Stefanidis, A. Stankiewicz, Eds., RSC, London, pp.19-61 (2022). ISBN:978-1-83916-407-1

  2. Base-Metal-Catalyzed Carboxylation Using Carbon Dioxide

    T. Fujihara

    Science of Synthesis: Base-Metal Catalysis, N. Yoshikai, Ed., Thieme: Stuttgart, pp.361-402 (2022). DOI:10.1055/sos-SD-238-00166

  3. Copper-Catalyzed Simultaneous Installation of Boryl and Carbonyl Functionalities to Unsaturated Hydrocarbons

    T. Fujihara

    Asian J. Org. Chem.11, e202200535 (2022) DOI:10.1002/ajoc.202200535

  4. Dimethylacetamide-stabilized ruthenium nanoparticles for catalysing α-alkylations of amides with alcohols

    H. Iguchi, N. Katayama, T. Suzuki, T. Fujihara, Y. Jing, T. Toyao, Z. Maeno, K.-i. Shimizu, Y. Obora

    Chem. Commun. 58, 11851-11854 (2022). DOI:10.1039/D2CC04133B

  5. Synthesis of Cyclic Allylborates from 1,3-Dienes and a Diboron Reagent

    S. Sakuragi, T. Akiba, T. Tanahashi, T. Fujihara

    Angew. Chem. Int. Ed., 61, e202202226 (2022). DOI:10.1002/anie.202202226

  6. Carboxylation with Carbon Dioxide as a C1 Source via Carbon-Carbon Bond Forming Reactions

    T. Fujihara

    The Chemical Transformations of C1 Compounds, X.-F. B. Han, K. Ding, Z. Liu, Eds., Wiley-VCH, Weinheim, pp.909-972 (2022). ISBN:978-3-527-34895-4

  7. Cu-Catalyzed Regioselective Sila-acylation and Sila-imination of Allenes Using Esters and Nitriles

    K. Suda, Y. Matsuda, T. Yamaguchi, T. Fujihara

    Synthesis, 54, 763-769 (2022). DOI:10.1055/a-1648-7154

2021年

  1. Copper-Catalyzed Regioselective Sila-acylation and Silaformylation of 1,3-Dienes Using Esters

    K. Kanayama, A. Sawada, K. Suda, T. Fujihara

    J. Org. Chem., 86, 9869–9875 (2021). DOI:10.1021/acs.joc.1c00945

  2. Synthesis of Tetrasilatetrathia[8]circulenes through C–I and C–H Silylation (special topic Bond Activation–in Honor of Prof. S. Murai)

    S. Akahori, T. Fujihara, Y. Tsuji, H. Shinokubo, Y. Miyake

    Synthesis, 53, 2995-3000 (2021). DOI:10.1055/a-1437-9917

  3. Palladium-Catalyzed Difunctionalization of 1,3-Diene with Amine and Disilane under a Mild Re-oxidation System

    K. Torii, A. Kawakub, X. Lin, T. Fujihara, T. Yajima, Y. Obora

    Chem.Eur. J., 27, 4888-4892 (2021). DOI:10.1002/chem.202100043

                        

2020

                      
  1. Cu-Catalyzed Three-Component Coupling Reactions Using Nitriles, 1,3-Dienes and Silylboranes

    Y. Matsuda, Y. Tsuji, T. Fujihara

    Chem.Commun., 56, 4648-4651 (2020). DOI:10.1039/D0CC01803A

  2. Pyridines Bearing Poly(ethylene glycol) Chains: Synthesis and Use as Ligands

    Y. Satou, A, Kiyooka, Y. Tsuji, T. Fujihara

    Asian J. Org. Chem., 9, 761-764 (2020). DOI:10.1002/ajoc.202000062

  3. Pd-catalyzed Intermolecular C–H bond Arylation Reactions: Effect of Bulkiness of Carboxylate Ligands

    Y. Tanji, R. Hamaguchi, Y. Tsuji, T. Fujihara

    Chem.Commun., 56, 3843-3846 (2020). DOI:10.1039/D0CC01129k

  4. Pd-Catalyzed Synthesis of Fluorenes via Intramolecular C(sp2)-H Activation at Room Temperature

    Y. Tanji, Y. Tsuji, T. Fujihara

    Synlett, 31, 805-808 (2020). DOI:10.1055/s-0039-1690812

学会発表

2023年

  1. 「亜鉛触媒によるシリルボランを用いたアリルリン酸エステルのケイ素化反応」(ポスター賞)

    ○佐々木 麻朱・藤原 哲晶

    第32回石油学会関西支部研究発表会(大阪公立大学 I-siteなんば),2023年12月8日

  2. 「Cu-catalyzed Regiodivergent Boracarboxylation of Allenes Using Carbon Dioxide」

    ○山極 剛・藤原 哲晶

    第69回有機金属化学討論会(大阪大学),2023年9月13日~15日

  3. 「Synthesis of Dirhodium Complexes Bearing Bulky Carboxylate Ligands and Their Use in Catalytic Carbene Insertion Reactions」

    ○Kota Sato, Kotaro Yamashita, Yutaka Tanji, Jun-ya Hasegawa, Tetsuaki Fujihara

    15th Internationa; Coference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-15)(Kyoto),November 20-23, 2023

  4. 「Ligand-Controlled Regiodivergent Boracarboxylation of Allenes Employing Carbon Dioxide and Copper Catalysts」

    ○Go Yamagiwa, Tetsuaki Fujihara

    15th Internationa; Coference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-15)(Kyoto),November 20-23, 2023

  5. 「Paddle-Wheel Dirhodium Complexes Bearing Bulky Carboxylate Ligands: Synthesis and Catalysis in Carbene Insertion Reactions」(ポスター賞)

    ○佐藤 皇太・山下 広太郎・丹治 優・長谷川 淳也・藤原 哲晶

    第69回有機金属化学討論会(大阪大学),2023年9月13日~15日

  6. 「Cu-catalyzed Regiodivergent Boracarboxylation of Allenes Using Carbon Dioxide」

    ○山極 剛・藤原 哲晶

    第69回有機金属化学討論会(大阪大学),2023年9月13日~15日

  7. 「銅触媒による二酸化炭素を用いたアレンのボラカルボキシル化反応」

    ○山極 剛・清原 克哉・藤原 哲晶

    日本化学会第103春季年会(東京理科大学),2023年3月22日~25日

2022年

  1. 「Pd触媒を用いたC(sp3)-H結合アリール化による六員環ラクタム合成」

    ○谷口 徹・藤原 哲晶

    日本化学会第102春季年会(船堀),2022年10月18日~20日

  2. 「亜鉛触媒を用いた1,2-ジエンのシリルホウ素化反応における位置異性体の選択的合成」(ポスター賞)

    ○松田 侑真・藤原 哲晶

    第68回有機金属化学討論会(オンライン),2022年9月6日~8日

  3. 「亜鉛触媒を用いた1,2-ジエンの位置選択的なシリルホウ素化反応」

    ○松田 侑真・藤原 哲晶

    日本化学会第102春季年会(オンライン),2022年3月23日~26日

2021

  1. 「パドルホイール型ロジウム錯体によるカルベン挿入反応におけるかさ高いカルボキシラト配位子の立体効果」(ポスター賞)

    ○山下 広太郎・藤原 哲晶

    日本化学会第11回CSJフェスタ(オンライン),2021年10月19日~21日

  2. 「炭素-炭素結合形成を伴う二酸化炭素を用いた触媒的カルボキシル化反応」(依頼講演)

    ○藤原哲晶,第128回触媒討論会(オンライン),2021年9月17日

  3. 「銅触媒を用いた1,3-ジエンとジボロンを原料とする環状アリルボレートの合成と反応性」(ポスター賞)

    ○櫻木 誠也・秋葉 智文・藤原 哲晶

    第67回有機金属化学討論会(オンライン),2021年9月7日

  4. 「ボリル銅活性種を利用した1,3-ジエンを原料とする環状アリルボレートの合成と反応性」

    ○櫻木 誠也・秋葉 智文・藤原 哲晶

    日本化学会第101春季年会(オンライン),2021年3月19日~22日

  5. 「かさ高いカルボキシラート配位子を有する二核ロジウム錯体の合成と触媒反応への応用」

    ○山下 広太郎・丹治 優・藤原 哲晶

    日本化学会第101春季年会(オンライン),2021年3月19日~22日

  6. 「均一系遷移金属錯体触媒を活用する二酸化炭素を用いた有機合成反応」(依頼講演)

    ○藤原 哲晶

    有機合成化学協会 関西支部 有機合成2月セミナー(オンライン),2021年2月5日

2020

  1. 「銅触媒によるエステルとシリルボランを用いたアレンのシラアシル化反応」

    ○須田 克志・松田 佑樹・藤原 哲晶

    第10回有機金属化学討論会CSJフェスタ(オンライン),2020年10月20日~22日

  2. 「亜鉛触媒によるカルボン酸とシリルボランを用いたアシルシラン合成法の開発」

    ○田邉 沙絵・巽 謙太・藤原 哲晶

    第10回有機金属化学討論会CSJフェスタ(オンライン),2020年10月20日~22日