京都大学大学院工学研究科 物質エネルギー化学専攻 触媒有機化学分野

遷移金属錯体

の特徴を活かした均一系触媒反応開発

京都大学大学院工学研究科 物質エネルギー化学専攻 触媒有機化学分野

環境およびエネルギー問題の解決を目指す 21 世紀の科学において,高い変換効率や高い選択性を実現可能にする触媒の開発は必要不可欠な重点課題です.我々のグループでは,遷移金属錯体を活用する画期的な均一系触媒反応の開発を目標に掲げ,有機金属化学,有機化学,錯体化学,計算化学の手法を駆使し基礎に軸足を置いた研究を行っています.「明るく,元気に,化学を楽しむ」をモットーに,スタッフ・学生が一丸となって日々研究に励んでいます.

大学院(修士課程)学生募集!!
遷移金属錯体触媒を活用する「おもろい」有機合成反応の開発、ユニークな構造をもつ「おもろい」遷移金属錯体の合成に興味のある学生さん、最先端の研究環境で一緒に熱く研究しませんか!?
積極的な応募をお待ちしています。問い合わせは、tfujiscl.kyoto-u.ac.jp(を@に変えて下さい)まで.


Member-2020

最近のニュース

10月1日:ようやく集合写真を撮影しました!

4月1日:新年度がスタートしました。6+1でおもろい化学を発信します!

            

3月31日:松田君(修士卒)の研究成果がChemCommunにアクセプトされました。

3月7日:佐藤君(博士卒)、清岡君(修士卒)の研究成果がAsian JOCにアクセプトされました。

3月5日:濱口君(M2)、丹治君(D3)の研究成果がChemCommunにアクセプトされました。

1月16日:丹治君(D3)の研究成果がSynlettにアクセプトされました。

2019年3月31日:辻康之先生は定年退職されました.旧ホームページならびに新しいご所属先の情報はこちら

研究概要

触媒有機化学分野で進めている研究について紹介します.

詳細を見る

研究業績

触媒有機化学分野から発信した研究成果について紹介します.

詳細を見る

アルバム

触媒有機化学分野での最近のイベントについて紹介します.

詳細を見る