//


*新しい固体化学の構築 —低温法による新物質開発と革新的機能— [#h614b12a]
#ref(logo_mixed_anion01_72ppi.png,left,陰山研究室)

陰山教授を代表とする新学術領域研究[[「複合アニオン化合物の創製と新機能」>http://mixed-anion.jp]] (平成28−32年度)が始まりました。40研究室を超えるオールジャパン体制で、「複合アニオンの科学」を新しい学術分野として切り拓き、学理を創り出すことを目指しています。

*** [#m190e623]
#ref(2018_welcome party2.JPG,right,around,500x173,陰山研究室)
#ref(2018_welcome party2.JPG,right,around,500x213,陰山研究室)
#ref(2017group_2.jpg,right,around,500x173,陰山研究室)
#ref(2016_4_welcomeparty2.jpg,right,around,500x300,陰山研究室)
#ref(アルバム/Photos/2015group.jpg,right,around,500x213,陰山研究室)
#ref(アルバム/Photos/2014group.jpg,right,around,500x326,陰山研究室)
#ref(アルバム/Photos/2013group.JPG,right,around,500x326,陰山研究室)
#ref(2012group.jpg,right,around,500x312,陰山研究室)
#ref(kaikitada.JPG,right,around,500x375,陰山研究室)

''世の中を一変させる新物質を創りましょう''

基本的に誰でも歓迎します。なぜなら皆さんそれぞれ他の人にない何かを(本人が気づいてなくても)“必ず”持っていて、化学はそれを発揮できる良い舞台ですから。あるきっかけでグンと伸びるその瞬間をみるのが、指導教員として最も楽しい瞬間です。研究者を目指す人はもちろんですが、目指さない人でも研究/化学はおもしろかったとのちに誰かに語れるような経験をして欲しいと願っています。もちろん、固体化学、合成化学、機能化学に興味のある人はフィットしやすいはずです。研究室に閉じこもるだけでなく、国内外の施設での出張実験の他、民間企業との共同研究も推進しています。研究室には、欧米からの留学生がおり、また、海外から絶え間なく訪問者がいますので、異文化を楽しめます。やる気のある皆さん、新しい学問を創り上げていきましょう。

研究室に興味がある方は、遠慮なく、陰山洋、小林洋治、または、山本隆文までご連絡ください。工業化学科の1、2、3回生はいつでも遊びに来て下さい。他大学より修士課程、博士課程(資格試験は8月と2月)に進学を考えている学生さんも歓迎します。過去に6名が博士課程から当研究室に所属し、短期間で目覚ましい成果を挙げています。