//


#ref(MenuBar/logo_mixed_banner02.jpg,nolink)
:2018/10/22|
JGP-Mixed Anionセミナーを開催します。奮ってご参加下さい:Prof. Emilia Morosan (Rice Univ.), "EXOTIC QUANTUM MAGNETS AND COMPETING STATES - Novel low carrier Kondo systems", A2-302; 15:00〜

:2018/7, 9|
現代化学の7月号に陰山教授のインタビュー記事が、化学と工業の9月号の「私の自慢」が掲載されました。

:2018/2|
複合アニオン化合物に関するレビュー論文がネイチャーコミュケーションズに掲載されました (オープンアクセス)。

:2018/2/20|
第28回陰山研セミナーを開催します。奮ってご参加下さい:Prof. Junichiro Kono (Rice Univ.), "Cavity QED in Quantum Materials", A2-308; 15:30〜

:2017/12|
光触媒のバンド設計に関する論文がJACSに掲載、Spotlightに選出

:2017/11|
ヒドリドの新しい性質に関する論文がネイチャーコミュニケーションズに掲載

:2017/11/27|
第27回陰山研セミナーを開催します。奮ってご参加下さい:Dr. Ryo Ohtani (Kumamoto Univ.), "錯体分子の歪みとズレの設計に基づく新物質合成", A2-304; 13:30〜15:30

:2017/11|
新学術と豊田理研共催で固体化学の国際会議"New Trends in Solid State Chemistry: from Oxides to Mixed Anion Compounds"を開催します。 http://www.mixed-anion.toyotariken.jp/index.html

:2017/9/4|
Amparo Fuertes教授(Institute of Materials Science of Barcelona)による講演「Nitride tuning of transition metal perovskites」が開催されます(A2-303, 13:00-15:00)~
:2017/7/11|
新学術のレクチャーツアーにてMichael Hayward教授(オックスフォード大)による講義「Topochemical reduction and anion exchange as a route to novel electronic materials」が開催されます(A2-303, 13:30PM~)~
:2017/5/30|
第二回複合アニオン公開シンポジウムを九州大学(伊都キャンパス 稲盛財団記念館)で開催します。 https://www.mixed-anion.jp
:2017/5/26|
物質エネルギー化学特論で岡山大学の野原実教授が「高温超伝導物質の化学と物理」というタイトルの講義されます。
:2017/6|
村上泰斗君が日本化学会年会学生講演賞を受賞~
:2017/4/7|
JGP-Mixed-Anion SeminarにてDaniel Fredrickson教授(University of Wisconsin-Madison)による講演「Discerning the Molecular in the Metallic: How Iterating Theory and Experiment Reveals Lessons for Materials Design in Complex Intermetallics」が開催されます(A2-304, 13:00PM~)~
:2017/3/9|
JGP-Mixed-Anion SeminarにてKanishka Biswas教授(Jawaharlal Nehru Centre for Advanced Scientific Research)による講演「Modulation of the Electronic Structure and Phonon Transport of Metal Chalcogenides for High Thermoelectric Performance」が開催されます(A2-123, 10:30PM~)~
:2016/12|
選択的に重金属を吸収する材料の発見に関する論文がネイチャーコミュニケーションズに掲載~
:2016/8/29|
新学術領域研究「複合アニオン化合物の創製と新機能」の第一回公開シンポジウム(キックオフミーティング)を京大桂キャンパスローム記念館で開催します。13:00~17:50 &ref(MenuBar/mixed-anion-kickoff.pdf,120x156,プログラム);
:2016/8/8|
JPGセミナーを開催します。奮ってご参加下さい:Prof. Chris Ling (Univ. Sydney, Australia), "Pressure-induced valence transitions in metal oxides: squeezing the electrons out of lone pairs", A2-123; 13:30〜
:2016/8/2|
京都-クラコフ物質科学シンポジウムを開催します。"Kyoto-Krakow Symposium on Materials Science", A2-123: 13:00-17:15 &ref(MenuBar/Kyoto-Krakow.pdf,120x156,プログラム);
:2016/6|
竹入史隆君が日本化学会年会学生講演賞を受賞
:2016/4/27|
第26回陰山研セミナーを開催します。奮ってご参加下さい:Dr. S. M. Yusuf (Bhabha Atomic Research Center, India), "Basic Understanding of Magnetization Reversal Phenomenon and Its Practical Implications", A2-307; 13:00〜
:2016/4/22|
東京大学の有馬孝尚先生による講演「固体物質機能開拓における物理と化学の協働」(物エネ特論第7)が開催されます。奮ってご参加下さい。 A1-001; 14:45〜
:2016/3|
JPGセミナーが開催されます。奮ってご参加下さい:Prof. Olivier Hernandez (Univ. Rennes 1, France), "Advanced structural analyses by X-ray/neutron diffraction/total scattering", A2-302, 10:00~12:00 (3/10), 10:00~12:00 (3/11)

:2015/10|
新しい酸窒化物の合成法に関する論文がネイチャーケミストリーに掲載~
:2015/12|
環太平洋国際化学会議(Pacifichem2015)で、シンポジウム「From Pnictides to Perovskites: Impact of Local Structure in Solid State Chemistry」を企画しました。&ref(MenuBar/pacifichem_#62.pdf,120x156,案内);
:2014/12|
チタン超伝導体のネマティック秩序に関する論文がネイチャーコミュニケーションズに掲載~
:2014/2|
陰山教授が日本学術振興会賞を受賞
:2013/9|
増田 直也君(M1)が化学フェスタにて最優秀ポスター発表賞
:2013/2|
大阪スマートエネルギービジネスシーズコンペにて最優秀賞受賞
:2013/1|
[[「機能材料」1月号>http://www.cmcbooks.co.jp/products/maildet.php?product_id=4344]]は陰山教授企画の低温合成特集 ~
&ref(カバーピクチャー/Cover Pictures/13_kinozairyo.jpg,120x156,nolink);
:2012/10|
新超電導体BaTi*Sub*2*Sub*Sb*Sub*2*Sub*Oの論文がJ. Phys. Soc. Jpn.に掲載。注目論文賞。News and Commentsにハイライト。~
:2012/4|
チタン酸バリウムの水素化に成功に関する論文がネイチャーマテリアルズに掲載~
&ref(カバーピクチャー/Cover Pictures/12_NatMater.gif,120x156,nolink);
:2012/2|
平らな鉄酸化物のレビュー論文がChem. Soc. Rev.に掲載 ~
&ref(カバーピクチャー/Cover Pictures/12_ChemSocRev.jpg,120x156,nolink);~
:2009/7|
四配位の金属で初のスピン転移に関する論文がネイチャーケミストリーに掲載~
&ref(カバーピクチャー/Cover Pictures/09_NatureChemistry.jpg,120x156,nolink);
:2009/4|
「わくわく理学」に研究が紹介~
&ref(カバーピクチャー/Cover Pictures/Wakuwaku.gif,nolink);
:2007/12|
平面四配位の鉄酸化物SrFeO*Sub*2*Sub*の合成に関する論文がネイチャーに掲載~
~
~
&guiedit(MenuBar,noicon){edit};